あり得ない!ドジな形で階段を滑り落ちる( TДT)

痛い!

痛いです!

何故かと言うと…。

階段から滑り落ちました!

自分のズボンの裾をきれいに(器用に)踏み、

ズダダダダン!

「うわぁあぁあー!!!」

メチャクチャ大声で叫びました(涙)

下半身の左側の外側が全体的に青くなっています…。

これは数週間は青く黒くアザが残ってしまうでしょうね。

動くだけで痛いです。

ヒビなんか入ってなくて良かった〜。

(多分ヒビは入ってない)

打撲だけで良かった〜。

(多分打撲だけ)

でも十分痛いです。

着替えするだけでも痛いって、いつまでこの痛みに耐えればいいのか…。

ぶつけたところは冷やしてみていますが、自分のズボンの裾を踏んずけて盛大に転ぶという情けない結果に、痛みではなく恥ずかしさと悔しさで涙が出そうです…。

スッ転んだ瞬間は誰にも見られてはいないのですが、それでも恥ずかしい(*/□\*)

しばらくは夢に出てきそう、転んだ瞬間の映像。

悪夢だわ(笑)

しばらくは階段の上り下りの際には、ズボンの裾は持ち上げるようにします。

う〜。

痛い!

ご彼氏を助けたワンコって正に凄いと思います

ひとり暮らしの飼い主の変調を察知して、交番に行って助けを求めた犬の記事がありました。
はなはだ強いと思います。
仮にディスカバリーが遅れていたら、ご主人のライフはなかったということなので、手柄です。

元々その犬も野良犬だったそうで、ライフを助けてくれたご主人に恩返しをしてた理解だったのかな、と思いました。

今は空前の猫花形だと言われています。
確かに猫の物品も長時間販売されていますし、テレビでも猫特集を備わるようになりました。
花形に終わらず、切ない好運をたどって仕舞うような猫が幸せな生活を送れるように、心優しい里親様に会うことができればいいなと思います。

犬も猫も大事な家族だ。
最後を控えるその時まで、一緒に暮す義務もあると思います。
うまいから養うというのではなく、家族だからこそご主人のライフを助けたんだと思います。
愛くるしいと言うだけではなく、場合によっては犬や猫の介護もしなければいけませんが、それも家族だからこそ当然のことです。

パパ休日、やっとパパらしいことしてくれた。

少し風が強いけれどポカポカ陽気。
雪国では連休前の準備、タイヤ交換があちこちで始まります。我が家もパパが休みだったので頑張ってもらいました。

前日に1台終わらせたので残りの1台です。手慣れているパパはあっという間に交換を終わらせました。
数日後にはパパの実家へ遊びに行きます。みんなうちの車に乗るかもしれないとのことで次は車内の掃除です。

面倒くさそうに言ってましたが、1度やり始めると几帳面にやる旦那。やろうと思うまでが長いんですよね。
いつのものであろうか…マックやジュースお菓子の食べかす。ゴミがどんどん出てきます。
私は一気にためずにマメにやるタイプなので旦那のごみ溜めには理解不能です。

30分もすると見違えるほど綺麗になりました。ついでに私の車も掃除機かけてもらいました。よかったよかった。

幼稚園前の娘も外にいたのですが、先に家に入りました。ママはそこからバタバタと昼御飯の準備です。
こういうときに限ってぐずるんですよね。だましだましやってラーメン&炒飯&サラダなんとか完成♪
美味しくいただきました。

今日は猫の日だそうで…そこで楽しい猫まつり。

私も最近、ある方から教えていただいたのですが、2月22日の今日は「猫の日」らしいです。
いわれを聞いた時は、ダジャレみたいな感じを受けましたが、世間の皆さんはこの「猫の日」を好意的に受け止めていらっしゃるようです。
私はひっそり、ツイッターをしていますが、今日のツイッターには、猫画像であふれていました。
飼い猫の画像、猫のゆるキャラ画像、野良猫らしい画像、などなど、どこから出てくるのかと思うほど、猫画像でいっぱいです。
私もつい楽しくなって、いいねボタンを押したり、リツイートしたりしました。
動物の画像、とりわけ猫の画像は、人をハッピーな気分にさせてくれるように思うのは、私の気のせいでしょうか?
こんなことを言っておりますが、私は猫が飼えません。動物アレルギーのため、お医者さんから飼わないように言われています。
なので、世間の猫の飼い主さんには、私のぶん猫を大事にしていただきたいと思っています。
ちょっと、今日はかたいことを申しましたが、今日の私はたくさんの猫画像に癒され、目尻を下げっぱなしです。
飼えない人間のヤキモチと思って、猫さんを大事にしていただきたく思います。